千種区でPS(パイプシャフト)扉内設置後方排気延長タイプのふろ給湯器の取替工事をさせていただきました。給湯器の後方に排気筒が接続されている給湯器です。

PS設置後方排気型は、給湯器の裏側に排気筒が接続されています。給湯器の交換工事をするときにエントツを抜き差しする必要があるため、エントツ用の点検スペースが無い設置状況の時は給湯器の裏側に入る必要があります。(ほとんどの場合で点検スペースがありません)

既設はリンナイ製のRUF-V2000SABオートタイプ → 今回はフルオートタイプのRUF-A2005AB(B)に交換しました。

▼既設:リンナイ製 RUF-V2000SAB PS設置後方排気型(エントツ用の点検スペースなし)

既設:リンナイ製 RUF-V2000SAB PS設置後方排気型(エントツ用の点検スペースなし)

▲PS扉を閉めた状態

▼PS扉を開けた状態

既設:リンナイ製 RUF-V2000SAB PS設置後方排気型(エントツ用の点検スペースなし)

▼今回は比較的簡単に給湯器の裏側へ入ることができました!

既設:リンナイ製 RUF-V2000SAB PS設置後方排気型(エントツ用の点検スペースなし)

今回は少し部材を外すだけで、比較的簡単に給湯器の裏側に入ることができました。このような現場にも対応できるよう、狭い隙間に入る特殊な訓練をしています。

PS後方排気タイプの給湯器が設置されているマンションでも排気筒用の点検口がついていないケースが多くあります。PS設置後方排気タイプの取り替えでは排気筒の取り外し、取り付けが一番の難関です。

配管がつながってる状態だとまず体が入りませんので配管を外し、必要がある場合はガスメーターを一時外したり電気メーターをずらしたり。またどうしてもという場合は電力会社に依頼して電気メーターを一時取り外してもらったりします。

それでもどうしても交換できないケースもあります。

▼フルオートタイプのRUF-A2005AB(B)(PS後方排気タイプ)で取り替え完了

フルオートタイプのRUF-A2005AB(B)で取り替え完了

施工費、必要部材について

PS扉内後方排気型の交換工事の施工費は別途見積もりになります。エントツ用の点検口が無い建物が多く、各お客様の設置状況によりどのようにして給湯器の裏側に入るかが変わってくるためです。

大変恐縮ですがごくまれに施工できない場合もあります。お見積もりは無料ですのでぜひご一報ください!

今回の工事で必要な商品、部材は【ガス給湯器本体+リモコン】+【取替用の金枠】です。

私が記事を書いています。

飯田りんごホームページ更新担当です♪
保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士

標準取替工事費込みパック価格の商品!

標準取替工事費込みパック価格の商品はこちらのページをご覧ください。お見積もり無料です!

写真とメールでも取替のお見積もりさせていただきます!

メールで写真などを送っていただければメールのやり取りでお見積もりをさせていただきます!(お急ぎの場合はお電話ください)

cyukyo@lilac.ocn.ne.jp

ただし屋内用の給湯器などエントツがある給湯器につきましては現地確認後のお見積もりとなります。

会社案内 中京ガス機器株式会社

◆尾張旭店◆
愛知県尾張旭市緑町緑ケ丘122-69
電話番号: 0120-57-1314

◆名古屋市千種店◆
愛知県名古屋市千種区上野2-7-7
電話番号:052-721-1212
詳しくは会社案内のページをご覧ください。